感光樹脂と黒ゴムの違いは?

お客様よりご購入の際に寄せられる、よくあるご質問をまとめました。お問い合わせの前にご参照くださいませ。

感光樹脂と黒ゴムの違いは?

目詰まりしにくい生ゴムを使用した、ハンコヤドットコムの感光樹脂と黒ゴム。 従来の樹脂を配合されたゴム印専用ゴムより、丈夫で長持ちするゴム印です。 一般的な『紙』に使用する場合には感光樹脂を、ガラスやプラスチックなどの耐油なものに使用する場合には黒ゴムをご提案いたします。
感光樹脂の3倍の耐久性をもつ黒ゴムは、耐油スタンプインキの成分にも耐える強度をもち、従来の樹脂製のゴム印や感光樹脂では、すぐに溶けてなくなってしまっていた文字やロゴも鮮明に押印できます。 (※環境や耐油インキの成分により異なり、このかぎりではございません) 使用頻度がすごく多い!ガラスや金属に使いたい!という場合には「黒ゴム」を、紙だけだよ!というお客様には「感光樹脂」を。 ハンコヤドットコムのオリジナルゴム印は、お客様の目的やご使用頻度にあわせたゴム印をご提案いたします。 (詳しくはこちら→印面について

最近見た商品

Copyright 1998-2019 Hankoya.com, Inc.